大人気のジェリーネイルを実際に体験してみました。

到着した時はこんな感じの箱に入ってきます。

img_0172

びっくりするくらいコンパクト!

開けてみると、キットとカラージェル2個が入っています。

img_0178

キットの中はこんな感じ。

img_0189

5点セットでやっぱりコンパクトです。

さあ、じゃ、実際に使っていきますね。

事前準備をしましょう!ライトと筆を仕込み、足りない備品をそろえる

まずはペン型のライト。

こちらは単4電池が3つ必要です。

029

持ち手上部のスイッチの部分をくるくる回すと分解できます。

030

電池の向きをそろえてセットし、またくるくるとふたを閉めます。

031

上部のゴムのようになっているスイッチをカチッと押すとライトが付きました。

032

では次に、筆の準備です。

私が運営しているセルフネイルのブログ「セルフネイルの極意」の記事でも紹介したのですが、筆は必ず「筆おろし」をしなければなりません。

<参考>
⇒記事「セルフジェルネイルの道具を下準備しよう~筆おろしは大切!そのまま使わないで」

まず、ベースジェルをアルミホイルなど、水分を吸収しないものの上に少し取り、それを筆の芯までよーーくなじませます。

034

馴染ませたら、キッチンペーパーで筆についているジェルをしっかりとふき取ります。

036

このときに筆にジェルが残っていると、筆についていた糊がジェル容器に混ざってしまい、硬化不良(ジェルが固まらない)の原因になりますから、これでもかというくらいしっかりとふき取ってくださいね。

これで準備は整いました!

が!しかし!

ちょっと待ってください。

実は、ジェリーネイルは、「キットには含まれていないけれども、施術工程の中で使用するもの」がいくつかあるのです。

それが以下の7個の備品です。

・消毒用エタノール
・エメリーボード(ネイルファイル)
・ウッドスティック
・キッチンペーパー
・つまようじ
・水入れ用カップ
・コットン

つまようじやキッチンペーパーは家にある可能性が高いですが、消毒用エタノールなどは持っていない方も多いのではないでしょうか?

持っていないものは100円ショップや薬局、またはネットショップなどで購入できるので、用意しておきましょうね。

いざ、手順書とおりに施術してみます!まずは下準備

では、手順書にしたがってさっそくやっていきますね!

まずは手を洗います。「ハンドソープを使って」と書いてあるので、ごしごし洗います。

次に、コットンに消毒用エタノールを付けて手を消毒します。

039

指の間までしっかり。

040

これを怠ると、「グリーンネイル」になるので注意してくださいね。

グリーンネイルは爪の中に「緑膿菌」という菌が繁殖してしまう爪の病気です。グリーンネイルになるとしばらくジェルネイルはできませんので、ご注意くださいね。

では次に、エメリーボード(ネイルファイル)で爪の長さと形を整えます。

041

伸びているときは爪切りで切った後に、エメリーボードで整えると時短になりますよ。

さて、次は甘皮処理です。

まず、ウッドスティックにコットンを巻きつけます。

コットンをパカッと開くと、中が毛羽立っているので、その繊維をウッドスティックですくいながら巻くとやりやすいですよ。

042

043

手順書では、このまま甘皮を押し上げるとありますが、これだと全然あがりません。

本当は手順書通りに検証したかったのですが、ここはしかたない!

いったん水につけてウッドスティックを湿らせてから、甘皮を押し上げます。

044

045

水で甘皮がふやけるので断然押し上げやすいです。

046

ちなみに、甘皮処理についても別途記事を書いているので、気になる方はそちらも見てみてくださいね。

<参考>
⇒記事「セルフジェルネイルを長持ちさせるコツ~下準備編:甘皮処理を徹底的に!」

しっかりと甘皮を押し上げたら、コットンに消毒液を含ませて今度は爪の表面をふき取ります。

047

私はいつもここではコットンではなくキッチンペーパーを使います。

コットンだと、コットンの繊維が爪に絡まってしまい、次にジェルを塗布するときに繊維が入り込んでしまうからです。

キッチンペーパーだと繊維の入り込みを防ぐことができるので、おススメですよ。

ここでしっかり油分と水分を拭き取っておかないと、ジェルが浮いたりはじいたりする原因になるので、念入りにすみずみまでふき取ってくださいね。

これで下準備は完了です!

サンディングの工程がないと、準備も楽ですね♪

いよいよジェルを塗布していきます!まずはベースジェル

いよいよジェルを塗っていきます!

ただ、ちょっと待って!

ジェリーネイルはかくはんが必要なジェルです。

かくはんというのは、ジェルを混ぜること。

爪楊枝を使って、ベースジェル、カラージェル、トップジェルのすべてのジェルを混ぜ混ぜしておきましょう。

このときに、ぐるぐる勢いよく混ぜるのではなく、下から優しくすくうように3回くらい混ぜればOKです。

049

では、ベースジェルから塗っていきますよ!

容器を開けた瞬間、「つん」とした酸のにおいがしますね。

048

サンディング無しのベースジェルは、だいたいこの酸のにおいが強めです。

定着を良くする成分のせいなので、ちょっと臭いなと思うかもしれません。

筆にジェルを少量取り、爪に塗っていきます。

050

エッジ(爪の先端の断面)も必ず塗ってくださいね。

051

重めのテクスチャーで、塗りやすいです。

サラサラだと、すぐに皮膚に流れてしまうのですが、これならそんなに神経質にならなくても流れる心配はなさそう。

また、厚塗り厳禁だそうなので、注意です!

もしこの時に、ジェルが皮膚に付いた場合は必ずウッドスティックで除去しておいてくださいね。

では、硬化していきましょう!

指から7~8cm離して、15秒照射していきます。

054

慣れないうちはライトで目的の指を狙うのがちょっと難しいかもしれません(汗)

私も「あれ?ひかりどこだ?」と、何度か光を探しながら照射しました。

ただ、光がピンポイントに当たらないからといって、近い距離で当てるのは絶対にNGです!

ジェルは硬化するときに熱を出すのですが、ライトとの距離が近いといっきに硬化してしまうので、硬化熱が強く出てやけどをする危険があります。

かならず、10cm弱の距離をとって、照射するようにしてくださいね。

ちなみにこのライトは10秒ごとに1回点滅するので、時間の目安になります。

ただ、何回点滅したか数えないといけないので、ぼーっとしていられない感じが・・・。

無心でやりたい方は、タイマーを使いましょう!

また、LEDライトはジェルに対して直角にあてなければいけないのですが、爪は曲線を描いているので、ペン型ライトだとどうしてもサイドのジェルに光があたりづらいもの。

特に薬指は、爪が巻いている人が多いので、サイドからも光をあてて、完全に硬化させてください。

056

ちなみに、片手5本全部塗ってからライトで固めてもいいのですが、他の指を塗っている間に、ジェルが皮膚に垂れてきたりすることもあるので、慣れないうちは1本ずつ硬化することをおススメします。

カラージェルは2度塗りでしっかり発色させましょう

次はカラージェルです。

ジェリーネイルは発色が良いマットシリーズ「リュクス」と透明感を楽しめる「シアー」シリーズのカラーがあります。

今回はリュクスシリーズの「019 カフェマキアート」を塗ってみました。

まずは一度塗り目。

058

ベースジェルよりは軽めのテクスチャーなので、皮膚に流れないように注意しながら塗ってください。

また、ジェルに対して筆がちょっとかためなので、筆を立てて塗ると、カラーがえぐり取られてムラになってしまいます。

なるべく筆を寝かせて塗ってください。

一度塗り目終わってこんな感じです。

060

この時点では多少ムラになっていても大丈夫です。

なお、ワンカラーネイルの上手な塗り方は「セルフネイルの極意」ブログの人気記事なので、苦手な方は一度ご覧いただくとヒントになると思います。

<参考>
⇒記事「初心者でも簡単にできる!ジェルネイルデザイン~ワンカラーネイルを上手に塗るコツ」

塗ったらベースジェルと同じように照射します。照射時間は長めの40秒。

062

同じように二度塗りをして、硬化します。

063

064

065

二度塗り目終わったタイミングでかなり発色しましたね!

トップジェルはサラサラテクスチャで塗りすぎ注意!

最後にトップジェルを塗っていきます。

トップジェルはサラサラテクスチャなので、塗りすぎるとあっという間に皮膚に流れます。

トップジェルで厚みを出し、ぷっくりさせたい方も多いと思いますが、このジェルの場合は一度にたっぷり乗せると間違いなく流れます。

もし厚みを出したい場合は、薄く2回に分けて塗ることをおススメしますよ。

筆にトップジェルをとり、塗ります。

063

ベース、カラーを塗るときよりも意識的に筆を寝かせて、ふんわり塗ってあげると表面がボコボコにならず、きれいに仕上がります。

ライトで硬化します。硬化時間は75秒。

066

ふき取り不要のトップジェルなので、これで完成です。

067

ジェリーネイルの仕上がりは?プロネイリストの評価は

トップのつやはかなりいい感じ♡ プロ用とひけを取らない輝きです。

仕上がりはかなり薄付きで、マニキュアのような自然な感じ。

「ぼてっ」「ぷくっ」とした感じが好きな方や、強度アップのために厚みを出したい方はもう一度トップジェルを塗ると良いでしょう。

カラージェルはもう少しマットなものを期待したのですが、思っていたよりも透明感があるカラージェル。

一応「リュクス」なんですけどね。

全体的に仕上がりは満足!

あとは持ちが良ければいいんですけどね。