img_0197

プロ用ネイルメーカーのシャイニージェル!

ネイリストの私ですが、シャイニーのジェルは一つももっていなかったので、今回はキットを購入して試してみました。到着してから爪に塗るところまで、しっかりレビューしていますので、参考にしてくださいね。

シャイニージェルはどんなふうに届くの?

到着した時はこんな感じの箱に入ってきます。

img_0168

梱包状態は良好!

img_0176

キットの中はこんな感じ。

img_0177

施術に必要なモノはほぼそろっています!

ただ、施術していく中でキット外の道具も必要になったので、それは後ほどまとめますね。

シャイニージェルのライトはどんなかんじ?点灯確認と・・・お詫び

キットが到着したら、一番最初に行いたいのが、ライトの点灯確認です。

コンセントをつないで電源を入れてみましょう。

頻度としては少ないのですが、たまに故障によって点灯しないライトが届いてしまうことも・・・。

施術し始めてからライトの故障に気づくと、途中で作業を中断しなければいけませんし、残念感が100倍くらいになるので、とにかく最初に確認です!

・・・

しかし

・・・

今回、みなさんに謝らなければならないことがありまして・・・。

実は、私、今回紹介しているキットでなく

・・・

・・・

・・・

グレードの高いキットを購入しておりますーーーーー!!!

要するに、性能の良いライトがついているキットを購入しているのですーーーーーー!!!

・・・

ごめんなさい。

・・・

今回私が購入したのはシャイニージェルの「ハイブリッドライト」というもので、UVとLEDの両方の波長を出すというライト!UV用、LED用のジェルをどちらも固めることができるという、超優秀ライトなんです!

img_0217

実は前からずーーーーーーっと欲しいと思っていたのですが、なかなか手が出せず、躊躇していたのでした。

しかし!このサイトを立ち上げるにあたってついに購入の機会がめぐってきてしまいました。

とても迷ったのですが、私の欲望は抑えきれず、購入してしまいました・・・。

なので、皆さんが購入しているものとはライトが違うかもしれません。

体験レビュー記事なのに、おもいっきりルール違反して申し訳ありません・・・。

ちなみに、このハイブリッドライトのキットは34,344円とかなり良いお値段ですので、セルフネイラーの方におススメするには気が引けるキットです。

今後プロを目指したい方や、持っているジェルがUVでしか固まらないという方は検討しても良いかもしれません。

お詫びが長くなってしまいましたが、気を取り直して、では、お持ちのライトで電源を入れ、各ボタンが正常に押せるか確認しましょう!

img_0222

この時点で故障しているような場合は、商品到着後7日以内にシャイニージェルまで連絡をしてください。

商品の品質には万全を期しておりますが、万一、不良・破損・誤納品などがございましたら、商品到着後7日以内にお知らせ下さい。7日を過ぎてのご連絡は、ご対応できない可能性が高くなります。ご了承ください。

とのことですので、到着後ははやめに開封して確認しましょう!

セルフネイルの事前準備~筆おろしを忘れずに!

ライトの確認が終わったら、次に筆おろしをします!
私が運営しているセルフネイルのブログ「セルフネイルの極意」の記事でも紹介したのですが、筆は必ず「筆おろし」をしなければなりません。

まず、ベースジェルをアルミホイルなど、水分を吸収しないものの上に少し取り、それを筆の芯までよーーくなじませます。

img_0227

馴染ませたら、キッチンペーパーで筆についているジェルをしっかりとふき取ります。

036

このときに筆にジェルが残っていると、筆についていた糊がジェル容器に混ざってしまい、硬化不良(ジェルが固まらない)の原因になりますから、これでもかというくらいしっかりとふき取ってくださいね。

これで、事前準備は完了です!

シャイニージェルのプレパレーションは?手順書通りに下準備

最初に、爪の形をファイルで整えていきます。

img_0226

シャイニージェルに付属のファイルは厚みがあるので、爪と皮膚の間に入らない人もいるかもしれません。

厚みの少ないファイル(エメリーボード)をお持ちの方はそちらを使っても良いですね。ちなみに、厚みのないファイルはドラッグストアや100円ショップでも購入できるので、今後セルフネイルを楽しみたい方は買っておいて損はないですよ。

次に甘皮を処理します。

そのままだとあがらないので、ウッドスティックを水で湿らせて水分を含ませながらあげるようにすると良いでしょう。

img_0232

img_0234

こんな感じです。

img_0236

次にファイルで表面を削ります。これをサンディングと言います。

img_0238

シャイニージェルの「スーパーベース」は、「ほとんどの方でサンディングが不要」とのことなので、サンディングする場合もあまり傷つけすぎないように、かるーくでかまいません。

深く傷つけたからと言って持ちが良くなるわけではありませんし、爪が薄くなると痛みが出てしまい、ジェルをお休みしなければいけなくなるので、本当に全体が白く濁る程度に軽ーいタッチで削ってください。

こんな感じです。

img_0239

では次に、爪の油分・水分を除去していきます。

ワイプ(スポンジ状のもの)にジェルクリーナーを含ませて、爪をしっかりふきます。

img_0240

img_0241

ふきとったあとは、クリーナーが乾くまで少し待ちましょう。しっかり乾くと爪が曇っている状態になります。

img_0242

これで準備完了です!

シャイニージェルの塗り方は?手順書通りに塗布

それでは、さっそくジェルを塗布していきます。まずはベースジェルから。

ベースジェルは爪との密着度を高めるために、酸を含んでいるものが多いのですが、シャイニージェルのベースジェル「スーパーベース」はその酸のにおいがほぼなく、爪に優しいことがにおいでもわかります。

一番最初なので念のためかくはん(ジェルをかき混ぜること)しておきますね。

img_0243

ちなみに、シャイニージェルのジェル容器の内ふたは結構ぴったりと粘着しているので、ピンセットなど先のとがったものでつまんで開けると開けやすいですよ。

img_0228

筆にベースジェルをとり、塗布します。

img_0244

粘度は低く、とてもサラサラですので、たっぷり塗りすぎると皮膚に流れてきてしまいます。注意です!

ただし、薄く塗りすぎると持ちが悪くなるそうで、推奨は爪の厚さと同じ厚みを目指して塗ること。1度で厚みを出そうとすると絶対に皮膚に流れてきてしまうので、その場合は二度塗りで対応しましょう。

塗り終わった状態がこちら。

img_0245

ライトで固めていきます。

img_0246

使用しているライトによって硬化時間が異なるので、キットに入ってきた説明書通りの時間で固めてください。

同じLEDライトでもワット数によって硬化時間が異なったりするので、ジェルの持ちを良くするためには必ずライトに合わせた硬化時間を守るようにしましょう。

では、次にカラージェルを塗っていきます。

カラージェルも顔料がかなり沈殿していたのでかくはんした方が良さそうです。

こちら、かくはん後のジェルです。

img_0247

では、塗っていきます。

img_0249

一度塗り目終了時でこのくらいの発色です。

img_0248

さすがプロ用!と思ったのが、セルフレベリングの良さ

塗った直後はハケあとが付いていましたが、15秒くらい待つとジェル自身が平らにならされ、つるんとした仕上がりになりました。

では、かためていきます。

img_0246

次、同じように二度塗りをします。

二度塗り後の発色でこのくらいです。

img_0251

だいぶ色がわかるようになったのと、つるんと感が素敵です。

こちらも硬化します。

img_0246

では最後にトップジェルを塗布します。

img_0254

シャイニーのトップジェル「スーパートップ」は重めのテクスチャーで厚みだしにピッタリ。

少し多めに筆にとって、ふんわり筆圧をかけないように塗っていくと、ぷるんとした仕上がりに。

厚みがある方が強度も増します。

ただ、いくら粘度が高いジェルとはいえ、あまりにいっきに乗せすぎると皮膚に流れてしまいますし、時間が経って流れてしまうこともあります。

2本ずつ仮硬化(5秒程度ライトに入れて仮止めすること)するなど、こまめに固めていくようにすると良いでしょう。

では、硬化します。

img_0246

最後はふき取りです。

ジェルクリーナーを含ませたネイルワイプで表面を軽くふき取ります。

img_0255

これで完成です!

img_0256

うーん!つるん、うるんとした仕上がり。

ぷっくり感もあって、まさにジェルネイルをしました!という爪に変身しました。

最後、筆はキッチンペーパーでジェルをぬぐって、キャップをしておきます。

img_0257

ジェルが付いた状態で筆をライトの前などに持っていくと、光でジェルが固まってしまい、その筆はもう二度と使えなくなります。

シャイニージェルの筆は「熊野筆」といって、とても高級な筆ですので、特に注意して使いたいところ。

使い終わったらキャップをする、を習慣づけましょう!

シャイニージェルはさすがプロ用だけあって持ちもかなり良かったですし、酸が少ないので爪への負担も軽く、品質ナンバーワンのキットです。



少しお金をかけてでも、爪に優しいジェルを使い、長くジェルネイルを楽しみたい!そんなセルフネイラーさんにはとってもおススメですよ!